仕事量や待遇面で不満を持っている方必見!転職時の注意とは?

患者様の為にも引き継ぎは早めに!

近年深刻な医師不足の影響で過酷な労働を強いられている医師が多く、仕事量や待遇面の不満から勤務先を変える方もいます。しかし、人の命を預かる職業である為、退職時にはしっかりと引き継ぎをする必要があります。医師から見れば大勢の患者でも、患者一人ひとりからするとたった一人の医師なのです。患者に不安を与えない為にも、次の担当医師について説明しておくと良いでしょう。

「こんなに貰えるの?」そんな高額求人には注意!

数年後には開業したい、子供の教育費が必要など、医師にも様々な事情があります。資金が必要になるほど給与面で待遇の良い病院へ転職したくなりますが、給与面だけで決めるのは要注意です。これは医師に限ったことではありませんが、給与面で待遇の良い職場ほど仕事量が多く肉体的・精神的にハードなことが多いです。特に、緊急に医師を必要としている場合、給与を高く設定して募集を行います。採用後も人手が足りてないことが予想される為、給与は良いものの一人で何役もこなさなければいけないハードワークが待っています。

転職に向けて動き出すタイミング

現在勤めている病院をスムーズに退職する為には、転職へ向けて動き出すタイミングが重要です。一般的な転職活動期間は半年~1年で、一区切りしやすい年度の変わり目で転職できるよう調整する方が多いです。引き継ぎに必要な期間や次の勤め先に向けた準備などは、前もって段取りを決めておくと慌てずに済みます。初めての転職でわからないことが多い場合、医療系転職エージェントにサポートしてもらうのも一つの手段です。

医師のバイトは、全国に豊富な求人が存在するため、時給や仕事内容、勤務エリアなど、さまざまな点を比較しながら選べます。