意外と簡単?タクシー運転手になるまでのプロセスとは

街中を走る便利なサービス

都会や田舎を問わず、私たちの生活のなかで車は無くてはならない存在です。一家に一台といっても良いほど普及しており、街に出るとたくさんの車であふれています。お金を払うことで目的地まで送り届けてくれるタクシーも車の一種で、ちょっとした移動にはとても便利なサービスです。バスや電車と違っていきたいところの目の前まで送り届けてくれるというのは大きな利点と考えられます。では、そのタクシーの運転手になるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

タクシーの運転手になるまで

一部の例外を除き、タクシーの運転手になるためにはまずタクシー会社を探すところから始めます。タクシー会社に面接に行き、健康診断等を経て実際に働くという流れは一般的な企業と変わりません。

しかし、実際に働く前に必要なものがあります。それは普通自動車の二種免許です。二種免許を所持していない場合、利益目的で人を乗せることができません。そのため、まずは二種免許を取るところから始めることになります。タクシー会社の多くは、この二種免許を取るための費用を負担してくれたり、取得期間中も業務として扱ってくれたりと未経験者を受け入れる体制が取られています。二種免許自体は一種免許さえ持っていればすぐに取得することができるため、特に心配する必要はないでしょう。

二種免許を取得したら社外研修や新人研修等を経て、晴れてドライバーデビューとなります。タクシーの運転手の多くは出来高制となっており、自分の頑張りがそのまま給与に結びつくため意欲向上につながります。

インターネット上には簡単に多くの情報が載せられます。そのため、ドライバーの求人もネットを活用すると、かなり手軽に探すことができます。