施設によって異なる介護の仕事の種類と転職先の選び方

介護施設によって異なる仕事内容

介護業界が提供しているサービス内容はバラエティー豊かで、高齢者の状態に合わせて選ぶことができます。サービス内容は介護施設によって異なる場合が多く、高齢者も必要なサービスを提供してくれる施設に入所・通所することになります。また、提供しているサービスの内容によって介護スタッフの仕事内容も変わってきます。例えば、寝たきり状態や重度の認知症を患った高齢者が入所する特別養護老人ホームでは、24時間体制で介護サービスを提供することになります。ADLが自立していない高齢者が入所する施設のためサービス内容は身体介護がメインとなり、勤務体制も日勤に加えて夜勤勤務も必要になってきます。一方、比較的元気な高齢者が通所する機能訓練型デイサービスの場合、リハビリや運動療法などのサービスを提供し、身体介護や生活援助サービスの提供は行っていない場合があります。このような施設では、一緒に介護レクリエーションを行ったりリハビリの補助などの仕事内容がメインとなります。

介護の中でもどのような仕事に就きたいのか

一言で介護の仕事への転職と言っても、介護の仕事の中にどのような内容のものがあるのか把握しておかなければ、転職活動を始めることすら難しくなってしまいます。また介護施設によって勤務体制も異なり、夜勤勤務がある入所型施設か基本的に夜勤勤務が無い通所型施設で働くのかでも自分自身のライフワークへの影響は変わってきます。さらに介護の資格の有無によっても勤務可能かどうかも違い、一人で全ての介護をしなければならない訪問介護の仕事をするには資格取得の必要が出てきます。

東京は介護施設がたくさんあり介護の人手が不足しているので介護の求人を東京で検索するとすぐに見つかります。