外資系の転職をするのに採用面接で注意すべきこと

面接での日本との文化的違い

外資系の企業に転職したいという人にとって大きなハードルとなるのが、日本人以外の人事による採用面接です。面接担当官が欧米人だと、英語の問題だけでなく文化の違いや常識の違いによって、思ってもみなかった落とし穴にはまってしまうことがあります。しかし事前にそれを知っておけば回避することが可能です。例えば自分の長所をアピールするのに日本人相手のような謙遜をしていると、自分の能力に自信がない人間と受け取られてしまう可能性があります。少しくらい大げさになってでも、自分の実績に自信をもって堂々とアピールすることが求められるのです。

職務経歴書ですら日本とまるで違う

日本との大きな違いのひとつとして、職務経歴書のスタイルの違いというのもあります。まずは自分の最大のアピールポイントを簡単に一言でまとめたものを最上段に書いて、そのあとで時系列の新しいものから順番に箇条書きにするのです。あまり細かく書いてしまうと、それだけで減点対象になってしまいます。短くまとめる能力もビジネススキルと考えられているからです。だから採用面接で延々と経歴書に書かれた内容を説明するだけなのも良くありません。補足するような説明を簡単にまとめて話し、相手からの質問を誘導するくらいのテクニックが必要なのです。

お金のことも堂々と話す

希望する給与について話すのも、できるだけ最後にしたほうが無難ではありますが、とても重要です。これも自分の自信のあらわれと受けとめられるからです。そのうえで「もし仕事ぶりに満足してもらえれば、さらなる昇給を求める」と言っておくのも、まるで恥ずかしいことではないのです。

英語の転職をお考えの方に主な英語を活かした仕事は、日本語教師、映画翻訳家、商社マン、ツアーコンダクター、海外営業、ホテルマンなどがあります。