保育士になるための準備って何が必要?普段の生活でできること

保育士になるための準備

可愛い子ども達に囲まれる保育士さんのお仕事って魅力的ですよね。保育士になるには資格を取得しなければなりませんので、国家試験で合格するか資格取得可能な学校に入学しなければなりません。

資格取得にむかって様々な科目の勉強が必要です。具体的には、保育原理や児童家庭福祉、社会福祉など計8科目の筆記試験にすべて合格した上で、実技試験を突破する必要があります。

知らない知識は勉強して学ばなければいけませんが、健康や栄養、音楽や美術、体育などは自分で力を伸ばせるんですよ。資格に必要な分野の何割かは普段から意識することで、力をつけていけるなんて、少し気が楽になりますよね。

普段の生活で取り入れられること

毎日の生活で保育に活かす力を伸ばせることはたくさんあります。子ども達が過ごす保育園は大きな家庭みたいなもの。家庭で起こる様々なことに対処したり、楽しく生活することが保育の力を自然と伸ばしてくれます。

人が健康的に暮らすためには、食べ物を美味しく食べ栄養を取り、しっかり睡眠をとる必要があります。保育園でもおやつやお昼ごはん、お昼寝の時間がありますよね。好き嫌いなく食べるためにはどうしたらいいか、どんな栄養が体にとって必要なのか、自分自身が意識することで子どもの成長にも活かせます。お野菜を育てたりする食育もありますね。

子どもは風邪をひきやすかったり、感染症にもなりやすいです。熱が出たときの対処や感染を広げないための知識も生活の中から学べるでしょう。テレビを見ていて出てくる健康の知識やニュースなども勉強になりますね。

趣味として楽しめる音楽や芸術鑑賞も、保育園で行う歌の時間や工作に活かせるでしょう。

保育士の求人なら東京の人気の職場を選ぶことで、恵まれた環境で数年以上にわたって働き続けることが可能です。