これで内定獲得!面接を突破するための極意

利益を出せる人間であることをPR!

就職活動の面接で失敗してしまう人には共通点があります。それはPRになっていないことをPRしていることです。例えば、よくあるPRの形が、御社で働いて成長していきたい、というようなものです。これは一見PRのように思えますが、実はPRになっていません。これを聞いた面接官としては、成長してから入社してください、と感じます。なぜなら入社してから成長したいというのは現状は何もないことを意味するからです。企業が人を採用するのは利益を出すためであり、就職希望者を教育するためではありません。もちろん企業は入社した人を教育しますが、それは利益を出すために教育を行います。この点を勘違いしないように気を付けましょう。

自分の中の基準を持とう!

就職活動において重要なこととして、自分の中の基準を持つことが非常に大切です。この場合の基準とは、物事を選択していく際の基準のことです。例えば、世の中には日本に限っても何万社もの企業があります。その中からなぜその企業への就職を希望しようと感じたのか、その選択の基準です。この基準を明確にし、それに基づいて面接を受けることが出来れば、面接官からの印象は非常に良くなります。なぜなら筋が通っている人は信用できるからです。面接を受けるのは自分だけではなく、他にもたくさんの人がいます。その多くの人よりも、自分は信頼でき、優れていることをアピールしなければなりません。そのためにも基準を明確にし、その基準に従ったPRが必要となります。

新卒紹介とは新卒紹介会社が採用側のニーズに合う人材だけを選び、企業に紹介するという就職活動の1つの形です。